中古車とはどんな車を指すのか?

中古車とは自動車メーカーで作られた車が一度でも会社や人などから所有された車のことを言います。誰かが買って既に乗られた車が再び売り出された車というイメージがありますが、購入されたものだけではなく陸運局からナンバー交付を受けた車も中古車に含まれます。中古車の場合、メーカーオプションは使用者の目的や好みによってオプションが異なるため、付け加えることはできません。車はナンバーが登録された瞬間から中古車となります。中古車の車検については2通りあります。1つは車検切れの中古車を買った際は2年ごとに車検を受けます。2つめは前の所有者がすでに車検を済ませている場合は、車の車検有効期間満了日までに車検を受けてそれから2年ごとに車検を受ける必要があります。

新車とはどんな車を指すのか?

新車とは購入者が注文した後に製造され、ナンバー登録をしてから納められる車のことです。新車を購入する際は車製造時しか付けられないシートやサンルーフ、自動ブレーキなどのメーカーオプションを自分で選ぶことができます。メーカーオプションは取り付けに時間がかかったり、特殊な加工などをすることから車が自分の手元に届いた後につけることが難しいです。そのため車の購入を決めた時点で、車のメリットを活かせるものや自分の取り付けたいもの(事故を防ぐ、安全性能を重視する)など目的に合わせたオプションをあらかじめ決めておく必要があります。新車を購入した際、初めての車検は車を買ってから3年後でそれ以降は2年ごとに車検を受けることになります。

中古車のリースをしようか考えたとき、メリットについて知っておくと、よりお得に利用することができます。