中古車の方が安く購入できる

中古車と新車の違いには色々なものがありますがその中でも大きなポイントとなるのが、購入費用の違いです。同じグレードの車種を購入しようとした場合、新車よりも中古車の方が安く購入できるようになっています。また新車同様の状態であっても中古車として販売されていれば、同じ車種であっても中古車として販売されている方が価格が安いのです。このように新車と比較すると中古車の方が安く購入できることが多く、その差額は場合によっては100万円以上になることも珍しくありません。

このように同じ車を購入するとしても中古車と新車では購入価格が大きく異なってくることがあるので、安く購入したいか新しいものを購入したいか自分の希望を踏まえて検討する必要があります。

購入価格に違いがある理由とは

ここで気になるのが、何故中古車と新車で購入価格が異なってくるのかという点です。中古車は一度人の手に渡った中古品であるということから、新車よりも購入費用が安く設定されるというのは大きな理由の一つとして挙げられています。特に走行距離が長いものや年式が古いものは車としての価値がかなり下がってくるため、購入費用をかなり安く設定しているケースも少なくありません。ただ中古車が安く販売されているほかの理由として挙げられているのが、車にかかってくる税金の問題です。 新車を購入する際には様々な税金がかかってくるのですが、中古車の場合は車検が残っていればそこまで税金の負担がかかりません。車検が切れている場合はそれなりの費用負担はあるものの、自動車取得税などの税金の面を踏まえると中古車の方が安く購入できるのです。