走行距離と車の状態の関係

中古車は前のオーナーが使用していたために新車と比べて状態が劣っている車がほとんどです。しかし、状態の悪さは中古車ごとに異なっています。状態を見極めるための目安として用いられているのが走行距離です。基本的に走行距離が短ければ状態の良い車だと言えます。新車はテスト走行などで数キロ程走行していますが、すべてが新しくベストな状態にあると言えます。 中古車は走行距離が3万キロ程度のものであれば、新車同様に状態の良い車が多いです。しかし、価格が安くなりにくいので注意してください。走行距離が5万キロになると状態に差がつく車が増えてきますが、価格も安くなっており、バランスの良い車が多いです。10キロを超えると寿命が近い車が見られますが、しっかりメンテナンスされている車であれば安全に乗ることができます。価格が大きく低下しており、安く車を手に入れたい方に適しています。

新車と中古車で状態が異なるポイント

新車と中古車では、内外装の状態が異なってきます。中古車は前のオーナが使用しているので外装に傷やへこみができていたり、内装に汚れやシミがあったりする場合が多いです。たばこなど嫌な臭いがする車もあります。傷やシミはある程度キレイにすることはできますが、臭いを消すのは難しいので注意しましょう。 中古車にはバッテリーの状態やタイヤの摩耗具合など走行に関わる部分にも影響が出ています。メンテナンスがしっかり行われているか確認し、試乗した時に問題はないか確かめるのが、購入の際には重要です。特に、走行距離の長い車であるほど注意が必要です。年式に比べて走行距離が非常に短い車にも気を付けましょう。車を運転していない期間が長く、メンテナンスされずに放置されている可能性が高いからです。